事業内容
SERVICES

宿舎運営事業

土地開発事業

ヘルスケア事業

ヘルスケア事業

新型コロナウイルスの影響により宿舎で不足していたマスクや消毒液の入手先を探していた時に 「ダイヤモンドプリンセス号」の消毒作業で使用された「加速化過酸化水素(AHP)」 の素晴らしさを知り、コロナ収束につなげたいとの思いから国内産である 「オキシライトPRO」の販売を2020年5月より開始しました。

オキシライトPROとは

0.5%加速化過酸化水素 オキシライトPRO

オキシライトPROは設備等の硬質表面の除菌・洗浄に使用するプロ仕様の洗浄剤です。

細菌やウイルスを素早く除去し、衛生的に保つことが出来ますので、設備・備品の二次汚染対策用にお使いいただけます。

オキシライトPROのボトル外観

オキシライトPROの特徴

1. 短時間でウイルスに効く

オキシライトPROは0.5%加速化過酸化水素により、 細菌やウイルスを短時間で除菌し、 対象表面を衛生的に保つ高性能の除菌・除ウイルス洗浄剤です。

細菌、ウイルスを対象にした試験により 30秒間で99.9%以上 の除菌・除去率が確認されています。

2. 洗浄除菌・除ウイルスワンステップ

現在日本で一般的に使用されている「アルコール」を 除菌・除ウイルスに使用する場合、 対象表面を清潔にしてから使用しなければ十分な効果が期待出来ない場合があり、 効果的に使用するには手間と知識が必要です。

オキシライトPROは高い洗浄力を有していますので、 汚れのある場所にもそのまま使用可能です。 対象表面の洗浄+除菌・除ウイルスが一度に完了します。

3. 使いやすさ安全性

オキシライトPROはすぐに使える原液仕様です。 希釈の必要がないので準備不要ですぐに使うことができ「薄めすぎ」などのヒューマンエラーも防ぐことが出来ます。

安全性に関しても、アルコール、次亜塩素酸ナトリウムなどと比べ 「人体・物質への影響」「引火性」などが低いため より幅広い範囲でご利用いただけます。

安定性が高く劣化しにくいので使用期限も長く 2年程度使用いただけます。

4. 公的機関による評価

オキシライトPROは公的機関による検証を経て結果が公表されています。 科学的根拠に基づいた信頼性がオキシライトPROの大きな特徴です。

  • 【試験機関】
  • - 国立感染症研究所
  • - 新潟薬科大学 応用生命科学部

5. クルーズ船除菌作業での使用実績

2020年 ダイヤモンドプリンセス号 の除菌・除ウイルス作業においてケイエスプランニングが販売するオキシライトPROと同成分の「 加速化過酸化水素 」が使用されております。

同年、イタリア籍クルーズ船「 コスタアトランチカ 」の消毒作業にてオキシライトPROが使用されました。

ほかの液剤との比較

次亜塩素酸ナトリウム、アルコール、第4級アンモニウム塩と比較して、除菌力、洗浄性、安定性、引火リスクにおいて優位性があります。

ハイレベル菌・除ウイルス洗浄同時に行えます。

公的機関による評価

除菌力・除ウイルス能力が、様々な公的機関により評価されています。

ハイレベル菌・除ウイルス能力証明されています。

価格・購入方法

お電話、問い合わせフォームより弊社へ直接お問い合わせください。

または弊社の提携販売先にお問い合わせください。

お問合せフォーム

商品詳細

商品名 オキシライトPRO
液性 酸性
成分 過酸化水素水(0.5%)、界面活性剤、脂肪酸、溶剤、有機酸、リン酸
荷姿 20L
サイズ W265×D265×H395(mm)
製造元 シーバイエス株式会社
販売元 株式会社ケイエスプランニング
使用用途 施設・設備の二次感染対策
使用方法 細菌やウイルスによる汚染が疑われる箇所を、オキシライトPROを含ませたウェスやモップで拭き上げてください。材質によってはその後水拭きを行なってください。
使用上の注意
  • 使用前に必ず目立たない場所で材質への影響を確認してからご使用ください。
  • 水拭きが必要な材質 : アルミニウム、ゴム、プラスチック製品(ポリプロピレン・ポリエチレン・ABS・ポリカーボネート・アクリル等)ツヤのある素材の表面 (使用後に水拭きを行わなかった場合、拭き後が残ったり、素材を劣化させる恐れがあります。)
  • 使用できない材質 : 大理石等の天然石やポリサルフォン、銅や真鍮等の金属、天然繊維等 (素材を劣化させる恐れがあります。)
  • 他の薬剤、洗浄剤等とは混ぜないでください。特に塩素系漂白剤、カビ取り材及び塩素系排水口洗浄剤等との同時併用や、混ざるような恐れのある使用は避けてください。
カタログダウンロード(PDF)

SDGs

オキシライトPROを使って持続可能な開発目標(SDGs)に繋がる取組みを行う
リスクベネフィットに協賛しています。

株式会社リスクベネフィット

宿舎運営事業

土地開発事業

ヘルスケア事業